2021-06-02

私が自信を持ってパーソナルカラー診断をおススメする理由!

パーソナルカラー診断は必要なこと?

私が2018年の春から、カラーシェイプ®コーディネーターとして、パーソナルカラー診断のサービスをご提供していて感じたこと。
それはパーソナルカラー診断への、否定的意見をお持ちな方が意外と多いんだな、ということです。

よくお聞きするのが、「パーソナルカラーなんて知る必要ない。好きな服を着ればそれでいいんじゃないか。」というご意見ですね。
「好きな色を着る!」「今、流行っている色の服を着る!」というのももちろん良し、だと思いますが。

パーソナルカラーで客観的に自分を知る

パーソナルカラー診断は、客観的に「自分を知ること」が出来るツールの一つです。
自分の「似合う」について客観的に知っていただいた上で、自分を肯定するための最初のスタートとして活用いただけたらと思っています。その結果をどう生かすか?については、それぞれの選択肢。

“知る”ことでもっとファッションを楽しんでいただけるんではないかな?と思います。

自分の肌色タイプを正確に知っていますか?

そんなパーソナルカラー否定派の方にも、絶対の自信を持って!パーソナルカラー診断をおススメする理由があるんです。
それは、「正確な肌色が分かる」ということ。

大人世代の日本の女性はメイクを始めて早幾年、ファンデーションを何十回と買い替えているであろう・・・と思いますが。
それでも実は自分の肌色について正確に知っている人は少ないんです。

Bloom like youでは、日本人の肌色に特化して考案された、カラーシェイプ®パーソナルカラーシステムによる、パーソナルカラー診断を行っています。
これまでの、パーソナルカラー診断の診断結果が腑に落ちなかった人にも、納得していただける内容だと自信を持ってご提供しています。

日本人女性の肌の色に対応したパーソナルカラー

黄色人種である日本人の肌色には、独特の特徴があるのです。
それは、ただ単に「イエローベースか?」「ブルーベースか?」ということだけが重要ではないということ。
それより本当に大切なのは、「どんなイエローベースか?」「どんな、ブルーベースか?」ということなんです!

同じ肌色タイプのはずなのに、「外見も似合う物も何もかも、全然違うのはなぜ~??」ということ、ありますよね。

それは、肌色タイプの「どんな?」の部分が違うから。
似ているようで、似ていないこのちょっとした違いが、我々日本人の「似合う」にとても大きな影響を与えているのです。

ここが腑に落ちることで、パーソナルカラーについてはもっと明快に分かるようになるし、ご自身のファッションやメイクに活用できるようになりますよ!

リアルな体験でないと分からないのが肌色

今は動画を検索すれば、大概のことは学べちゃう時代です・・・。
それでも動画では絶対学べないことがあるんです。

それはパーソナルな肌色について。
こればかりは、リアルでパーソナルな体験でないと絶対に分からない事。
それが、私が絶対の自信を持って、パーソナルカラー診断をおススメする理由です!

 

 

 

関連記事