2021-06-18

イエローベース?ブルベース?私は一体どちらなの?

パーソナルカラーや肌色診断の結果に納得できない?

今世の中では、「イエローベース」「ブルーベース」という肌色のタイプ分けをすることが、とても流行しているんだそうです。
その発生地点は“メイク”なんだとか。
雑誌のメイク特集などで「イエベメイク」「ブルベメイク」などが、取り上げられたことで、若い世代を中心にブームになったそうです。

その肌色診断の仕方ですが、雑誌などで取り上げられる分については自己診断ということになりますよね。
実際にパーソナルカラー診断を受けられる方もいれば、コスメカウンターなどで簡易診断が受けた、なんてこともあるかもしれません。

私が生まれて初めてパーソナルカラー診断を受けたのも、百貨店のイベントスペースでのワンコイン診断でしたっけ。もうかれこれ遡ること二十数年も前ですけど(笑)。

そんな風に色々な方法で診断結果とやらと手に入れて、「あなたの肌色タイプはイエローベースです」あるいは、「ブルーベースです」と診断されたものの・・・。
結果になんだか納得できずにモヤモヤしていたりしませんでしょうか?

例えば提案された色の服を着て見ても、自分では「似合う!」という実感がそれほど湧かなかったりとか。
(場合によっては「何かヘン?」みたいな(笑)。)

ファンデーションが馴染まなくて、顔が黒っぽくくすむとか・・・。
(これはよくあるケース。“くすむ”ことに慣れてしまっていて、くすんでいることにに気付いていない方も多いのです・・・。)

診断を受けるごとに結果が違うというお悩み

以前、偶然SNSでこんな投稿を見つけたこともありました。
「パーソナルカラー診断を受けたら、ブルーベースと診断されたけれど、以前受けた時はイエローベースだった・・・。」

「私は一体どちらなんだろう?」

本当にこういうことは多いみたいで、「何回か受けたけど、毎回結果が違う・・・」というお話は、私も沢山お伺いするのです。
実際、私自身が過去に4回受けたことあるけれど、結果は全部バラバラということも体験済ですし (笑)。

こういうことが積み重なると、結果どうなるのかというと。
「もう分けわからなくなったし、結局使えないし!」
「肌色タイプとか、どっちでもいいんじゃない?」
これはとても残念だな・・・と思っています。

日本人女性の肌色を複雑にする“黄ぐすみ”

世の中には「簡単に分かること」への絶対的な需要があるので、それを謳うことが世の大勢なのですが。
パーソナルカラーは肌色だけでは決まりませんから、そもそも短時間で簡単には調べられないものなんです。
それに加えて日本人の肌色はちょっと複雑なので・・・、こういうことが起こりやすいんですよね。

40代ともなるとそこに黄色人種特有の「黄ぐすみ」も発生して更に複雑に。
程度に個人差はあるものの、自然の摂理で加齢と共に、肌色が黄色がかってくるので、一見すると「イエローベース」にしか見えない「ブルーベース」タイプの方も大勢いらっしゃるのです。
ですので肌色だけを見ていると見誤りがち。
また、イエローベースとブルーベースの中間地帯にいる方も多いんです。

私も診断をさせて頂く時は、テストファンデーションとドレープを使って二重、三重に確認しながら、誤診しないように注意深く努めていますがそれでも判断に迷う時もある・・・。
それくらい難しさを感じています。

「明るさ」と「暗さ」のどちらに馴染みやすいか?

ここで、そんなお悩みがある方に向けて、ご自分ですぐ出来るセルフチェックの方法の一つを紹介しようと思います。

これはあくまで「方法の中の一つ」ですので、これだけで決定的な判断を下せるというわけではないのですが、覚えておくと便利なこと。
自分がどちら側なのか?をおおまかに知ることには役立つと思います。

肌色タイプの基本的な大原則、それは・・・。
イエローベース肌の方は「明るさ」に調和しやすく、ブルーベース肌の方は「暗さ」に調和しやすいという傾向にあります。

人間の色素にはざっくり分けると、大まかに二つの傾向があります。(この”生まれつきの色素”というものが、パーソナルカラーの考え方の源になっています。)
それは、「明るさの方向」に馴染むか、「暗さの方向」に馴染むか・・・ということ。

ですので、「明るさの方向」に馴染むタイプの方は、「明るい色が似合う」ということ以外にも、明るさを感じるコーディネートがとっても得意。
例えばオールホワイトのコーデなんかも、とってもお似合いになるのはこのタイプの方。

反対に、「暗さの方向」に馴染むタイプの方は、ダークカラーのコーディネートの方が、断然お似合いだったりします。

もし複数の診断結果をお持ちで、いささか混乱されている方は、こんなことも含めて、再度チェックしてみてくださいね。

パーソナルカラーや肌色タイプはファッションやメイクの大きな方向性を決定づけるもの。正しく知ることで、幅広く応用して活用できます。

特に40代からの女性にとっては、お持ちの個性を生かして魅力的な外見を作るための大きな味方になってくれますよ!
ご自身のことを正確にお知りになりたい方はぜひ、bloom like you のパーソナルコンサルティングにお越しくださいね。

関連記事