2021-06-17

大人女子になったら、グレーをオシャレに着こなしたい!

グレーは大人の女性にこそ似合う色

皆さんは「グレー」という色にどんなイメージをお持ちでしょうか?
平凡な色?老けて見える色?オバサマがよく着る色・・・?

これまでのグレーの一般的なイメージは、ちょっと地味な感じかもしれませんね。

でも、実はグレーという色は、大人の女性にこそとても似合う色なんです。
我々日本人は黄色人種であるがゆえ、加齢に伴って肌色が暗く、少々グレイがかってくるんですよね。
まあ、これは自然の摂理なので仕方がないことなんですが・・・(笑)。

それゆえ、グレイッシュな色は40代からの大人の女性に自然に馴染んで、似合うようになってくるんです。

「着こなし方」と「選び方」がポイントになる!

ただし、グレーには一つ注意点があるんです。

なぜなら、華やかなキレイ色の様に、色そのものに存在感があるわけではないので、「色だけでなんとかなる!」という訳ではないのですよね。

ちょっとした違いでオシャレにも地味になる・・・

そのため「着こなし方」と「選び方」がとっても重要なポイント!
ちょっとした違い一つで、オシャレにも、地味にもなるので要注意な色でもあるんです。
そう思うと、少し難易度高めですね(笑)

でも、このグレーの色の「着こなし方」と「選び方」次第で、お洒落偏差値がぐっとUPしますので、ぜひ基本的なポイントを知っておいていただきたいな。
大人女子になったらトライすべきことの一つは、“グレーをオシャレに着こなすこと”なんじゃないかな~なんて思っています。

似合うに差が出る「明るさ」と「色み」

グレーには、明るいグレー、暗いグレーがありますし、どちらでもない中間のグレーもありますね。この明るさによっても、似合う、似合わないがかなり違うんです。

また、見分けにくくて苦手意識を持ちやすいのが「色み」です。
青みのグレー、赤みのグレー、黄みのグレーなど。
色々な色みがありますが、これもその方ごとに似合う色みが違います。

「明るさ暗さ」、「色味」の何が自分に似合うのか・・・、グレーはこの二つのポイントを押さえておくことだけで、着こなしに大きな差がですますよ。

グレーのワントーン

オシャレの難所はグレーの色みの重ね方

何故か、冬になると無性に着たくなるもの?
それはワントーンコーディネートではないでしょうか。
その中でも特に人気がるにも関わらず、コーディネートが難しいのがグレーのワントーンコーデだと思います。

「同じ色で、濃淡を変えて重ねていく」というワントーンコーデ。
これは色みが一定の方向に、きちんと揃っていることが成功のための最大の秘訣です。

青っぽいグレーなのか。
赤っぽいグレーなのか。
黄色っぽいグレーなのか。

前述した通り、グレーの色味は沢山の種類があって幅広い分、重ねるとその色味の違いが目立ちやすいので、行き当たりばったりにコーディネートすると、とっちらかっちゃうのです。
重ね方を間違えると「事故った感」がタップリになっちゃう・・・(笑)。

グレーのワントーンコーディネートはしっかりと色味を確認して、重ねていくのがポイントです。

グレーの方向性を先に決めてからコーディネートすることで、「なんだか違う・・・」という失敗が防げます。

グレーが苦手と思っている皆さまも、喰わず嫌いは返上して(笑)。
40代からはぜひ自分に馴染む、グレーのオシャレを楽しんでくださいね♪

タグ:
関連記事