2021-05-21

簡単なのにオシャレ見え!ベーシックカラーで作る三色コーデ術♪

シンプルなのに華がある、ベーシックカラーの三色使い!

カラーコーディネート・・・、なんて考えると、急に面倒くさくなるのが毎日の洋服選びですよね(笑)。
コーディネートするほど、色んな色を持っているわけじゃない!と、思う方も多いのではないでしょうか。

でも、いわゆる「キレイ色」と言われるものだけが、「色」ではないんです(ピンク、イエロー、パープル、グリーンなどの、華やかでキレイな色ですね)。

ちょっと地味に思うかもしれませんが、ベーシックカラーも立派な「色」!
ベージュやネイビー、ブラックやホワイトなどなど。
ういったベーシックカラーは皆さんも沢山お持ちのはず。
そう考えると、クローゼットの中には色が溢れていて、組み合わせのバリエーションも無限ですよね。

三色で誰でも簡単にお洒落っぽく見える!

そんなどなたもお持ちのはずの、ベーシックカラーを使った「誰でも超簡単に、お洒落っぽく見える」コーディネート法をご紹介しようと思います。

それは三色を使ったコーディネートです。
三色といえば、私は三色団子が大好き!「三色」は味でも見た目でもなんだか収まりがいいですよね?(笑)

洋服のコーディネートも同じくで・・・。
二色だけだとちょっと寂しいし、四色以上だと場合によっては少しうるさかったりする可能性もあります。
ちょうど良いバランスなので、どなたでも失敗が無いので、おススメなのが三色コーデなのです。

ということで、例えばこんな感じです。
ブラウスの白。スカートと靴の、黒。バッグと帽子の、ベージュ。

普通なんだけど華がある!大人女子にぴったりです

全部ベーシックカラーですが、三色を組み合わせることで、普通なんだけれど地味すぎず、そことなく華もある・・・という、大人女子にぴったりの配色に。

変に目立ちすぎないので、アラフォー、アラフィフの毎日コーデに取り入れやすいんです。
あまり深く考えなくても、クローゼットの中から三色を選んで組み合わせるだけで、半ば自動的にオシャレに見えますから超簡単です!

お洒落に見せるポイントは三色のバランス感!

そして更にもう一つ、三色コーデにはオシャレ見えする秘訣があるんです。
それは、三色の内の一色を、ごく少量にすることでバランス感がぐっと良くなるということ。
小物などを差し色的に使って、プラスアルファ程度に留めておくことで洗練された雰囲気になります。
また、それ以外にも黒や白の印象が強すぎる時に、和らげてくれる効果などもあるんです。

40代、50代の女性だと、年代的にも黒のアイテムがお好きで、クローゼットに沢山お持ちの方も多いと思うのですが。
黒が主役のコーディネートは、素敵なんだけれど、どうしても“圧強め”になる恐れがあるんですよね。
特に強いトーンの色が、あまりに合わないタイプの方だと、黒を使ったコーディネートが、暗い?とか、怖い?になってしまうなんてことも。


もう一色が、モノトーンコーデを和らげてくれる

そんな、黒を配色したコーデの代表的な物の一つが、「モノトーン」ですね。

白と黒との、二色だと簡単?と、思いきや・・・。
「似合うタイプ」「似合わないタイプ」の方がいらっしゃって、案外難しいんです。
瞳の色が薄くて、顔立ちがマイルドな人だと、黒と白のコントラストの強さに負けてしまうんですよね。

洋服の存在感の方が、勝ってしまうという・・・。
あな恐ろしや!というモノトーンコーデなのです(笑)。

モノトーンが似合わなくても大丈夫

でもそんな、「モノトーンはどう頑張っても、似合わないさん」であったとしても。ベーシックカラーをもう一色足し算してあげるとモノトーンが和らぐので格段に着こなしやすくなります。

ベージュなどの明るめの色を、少量でももう一色足してあげると、あら不思議?黒と白がごく自然に、馴染んでくれるように、なるんですよね~。

やっぱり、三色コーデは鉄板ですね!
シンプルなのにちょっと華がある!誰でも出来るベーシックカラーの三色コーデ術♪

毎日のコーディネートにお困りの方は、ぜひ一度お試しくださいませ。

 

タグ:
関連記事