2021-09-08

花と色で感じる数秘のブーケ♪数秘術のバースナンバー3(3+0)はこんな人!

イエローの花束7

数秘は9つの数字だけで織りなす、究極にシンプルだけど、無限に豊かな叡智です。
そして、その数字はそれぞれが色彩心理と融合した「色」を持っているんです。
人間と同じように数字にもそれぞれ、“個性”というキャラクターがあるというイメージかな。

そんな数秘の世界をもっと身近に、目に見える形で感じていただけたらという想いで、作り始めたのが数秘のエッセンスを花と色で表現したブーケです。

ブーケを束ねる時は、必ず“誰か”を思い浮かべて!
“その人らしさ”を、色と花で形造るような気持ちで!
【Bouquet of numerology】が花と数秘で出会う、「ほんとうのわたし」であり、「あたらしいのわたし」でもあるように。

バースナンバー3=3+0の基本性質

今回、モデルにさせていただいたのは、バースナンバー「3」の方。
数秘「3」の色は、イエローです。

その色から受ける印象の通り、イエローは“明るくて楽しいこと”の色
それは太陽のように眩しくて、子供のように無邪気な明るさです。

モデルの方は最後の二桁が“30”のになるため、他の数字が存在しないまじりっけ無しの純度100%の「3」。
お話しているだけでこちらの方が楽しくなってしまうような、好奇心で目がキラキラしている明るい女性!
その眩しく光る明るいイエローの魅力を、ベルベットのような優しい質感のケイトウ、可憐に揺れるコスモス、星の瞬きのような小さな花が連なる枝物のファイヤーワークスという秋の花々を使ってイメージしてみました。

▶バースナンバーの計算方法はこちらから

 

数秘3は知的好奇心旺盛だけど、ちょっと飽きっぽい?

イエローの花束その5

数秘3の方は、子供のように好奇心旺盛で、自分の興味の赴くままどんどん進んでいきます。
小さな子供の成長過程で「自我」が生まれると次に、自分は「他の人と何が、どこが違うんだろう?」という興味が生まれますよね。
数秘3は、まさにそんな状態の、『個性』を探す数字です。
知的好奇心がとても高いので、向上心も強くて頑張り屋さんの方が多いんです。
でも、目に映るものにあれこれ興味を持ってしまうので、目移りしやすくてちょっと飽きっぽかったりもするけれど・・・(笑)

数秘3は発想上手なクリエイティブさん!

楽しいこと、面白いことが大好きな3番の方は、常に「どうすれば楽しくなる?」「どうすれば面白くなる?」と考えることの出来る「発想上手」さんです。
数秘3はクリエイテビティを象徴する数字ですが、それは『何もないところから造像する』というようなアート志向のクリエイティブではなくて。
『すでにあるものを集めて、並べ替えて、新鮮なものに変える』という視点や切り口を変えることに、能力を発揮しやすい!

 

心の奥で願うことを、未来を繋げていく方法

イエローの花束その1

誰しも、心の奥底に「願い」を持っているものですよね。
人生を通して叶えたいその「願い」を現実にどういう形で繋げていくか?
それは、「仕事」を考える上でもとっても重要なことだと思います。
自分がどんな数字を持っているかを、数秘の数字で自分を俯瞰してみことは、「好きなこと」「向いていること」「出来ること」、そして「願うこと」の間に存在するズレや矛盾を繋いで埋めていくことに、とっても役にたつんです!

今回のモデルの女性の、心の奥底にある「願い」として、数秘6の数字をお持ちでした。
数秘6は「調和」の意味を持つ数字です。
自分自身だけでなく、家族や友達、その他の自分の周りにいる人達にも居心地よく過ごしてほしいという人間の和への想いが強い方です。
根っからの世話好きさんであり、その居心地よさを作ることに責任感を感じてしまうリーダータイプさん。

数秘6の「調和」を象徴する色は、宇宙のように全てを包み込む深さを持ったインディゴ(ネイビー)。
ちょっと珍しい、秋ならではのインディゴカラーの染めの菊を一輪、アクセントになるようにブーケにあしらいました。

心の奥底の「願い」をどんな形で現実化していくか?
数秘を通じてこんなことを意識することで、未来もより広がっていくんではないかと思っています。

パーソナルな数秘セッションもさせていただいております。
ご自身の数字にご興味ある方は、ぜひご体験ください!

▶リリ数秘術セッションのご案内はこちら

イエローの花束その5

あなたを花束にしたらどんな色になるでしょう?
【Bouquet of numerology】で、数秘術の世界をより身近に感じていただけたら嬉しいです。

 

《色の対応はリリ数色学®に基づいています。》

数色学®とは?

数秘と色彩心理の関係性を読み解き、融合したメソッドです。
数字と色、双方の視点から一つの存在を見つめなおすことで、よりわかりやすく多角的な読み解きが可能になります。

関連記事