2021-07-19

数秘術のイヤーナンバーで「風の時代」の軽やかな“風”の乗り方を知る

2021年の「風の時代」の風に、軽やかに乗る秘訣

プロクラス1

今年、2021年のスタート時に大変話題となったのが、占星術の世界では220年ぶりに社会の価値観が大変革する「風の時代」が、やってくるということ。
この「風の時代」というワード。
あちラコチラで頻繁に目にしたり耳にしたりするようになったため、占星術に関心がない層の方でも、ご存じの方は多いのでは?と思います。
そんな「風の時代」の始まりとなった2021年も、この文章を書いている7月現在、すでに折り返し地点を過ぎ・・・、なのですが。みなさんは、上手に新しい“風”に乗れた実感は湧いていますか?

そんな「風の時代」に吹く風に、一人一人がもっと軽やかに乗るために、どなたでも簡単に活用できる方法。
それが、今回ご紹介する数秘術のイヤーナンバー!

数秘術のイヤーナンバーとは、その人ごとに違う「今年の流れと、」テーマ」を、表したもの。
生まれた月と日で、簡単に計算できるんですよ。

個人イヤーナンバーの計算方法

「流れ」を知ることで、風を受け止めるための「視点」を得る

このイヤーナンバーについて、「今年の運勢」というように表現される場合も多いと思います。
“運勢”と聞くとどうしても、「今年は良いことが起こるの?それともツイてないの?」などと、思いがちですよね。

そもそも、“運勢”という言葉の意味。
『運命の進み方。人のもって生まれた運命。運・不運の巡り合わせ』
辞書を引いてみるとこう書かれています。
人は運・不運を生まれ持っている、という中国の思想が“運勢”というもの。
そして、その運の進み方を知ることが「占い」です。

しかし、数秘術の考え方だと違うのです。
数秘の数字には「良い・悪い」はないので、従って「運・不運」もない、といのが数秘術。
その代わりあるのは「流れ」なんです。

0~9までの、数秘術の数字は人間の魂(心)の成長過程を表現したもので、
人間であれば、誰にでも自然に起こりうるものです。
ですので、一年ごとに変化するその流れに、抗わずに乗ることでスムーズに次の年へ繋がっていく・・・、そんなイメージです。

もし今あなたの現状が、なんだか停滞していたり、くすぶっていた李、やることなすこと空回りして上手くいまないことだらけでも・・・。
それも人生の流れの一つの過程だと考えて、受け入れるのが数秘術の考え方。
また、時が来れば自然に流れだすのが人生というものですからね!
その「流れ」を予め知っておくことで、どんな「視点」で今年の風を受け止めればいいのかを教えてくれるのが、イヤーナンバーです。

停滞と休息も、未来への種まきの時期。

ここで、事例として“わたしのこと”をご紹介してみようと思います・・・。
昨年(2020年)、私のイヤーナンバーは「4」。
実は、昨年の私はすごく気持ちが落ち込んでしまい、とても苦しい時期でありました。

当初はコロナ渦の影響で、それまで取り組んでいたパーソナルカラー診断のお仕事もほぼストップせざる得ない状況で、身動きが取れないことが、心を塞いでいる原因だと思っていたのですが。
今思えば、それは起こるべくして起こったことで、きっとコロナ渦は一つのきっかけに過ぎなかったんだと思います。

それまで、無我夢中で走るばかりで気が付かなかったけれども。
心の中に確かに存在していた、迷いや恐れ、自分へ在り方への問いかけ。
「自分らしさは何だろう?」
「世界に一つの『自分のしごと』をどのように創り出すのか?」
それに対する答えが見つからないことが、自分自身の心と体を重くしていたのだと思うのです。

数秘術でイヤーナンバー「4」の年は、ありのままの自分に戻り、自分の土台が何なのか、を見直す年。安心できる場所を守り、広げていく年。そして、休息の年でもあります。
結局、この一年間は「これからどうしていこう?」という、自分の在り方と向き合う一年となったのですが。
数秘術の考え方では、「休むこと、動かないこと」も、次の年へ向けて種をまく時期と考えるので、マイナスなことではないのです。
これも人生のステップの一過程だと捉えると、ダメな自分も責めずに受け入れることが出来ました。こう思うと、ちょと気が楽です(笑)。

思えば、数秘術やマルセイユタロットの世界と出会ったのも、この休息中だった「4」の年のこと。
どうにも塞ぎがちになる心を支えてくれた花の世界に、どんどん引き込まれていくようになったのもそう。
知らず知らずの間にですが・・・、ちゃんと種まいてましたね(笑)。

新しい出会いで、新しいステージが見えてくる

世の中の速度についていけず置き去りになったような気分の中、迎えたのが新しい年、2021年。
私にとっては、イヤーナンバー「5」の年!

内観の時間だった「4」から反転して、心が「外」に向かって開かれていく、そんな一年ですが、
流れが一気に別の方向へ転換したことを、本当に実感しているんです。
ある日、一歩踏み出したら、別の世界へと突入したような爽快なくらいの変化です(笑)。

「5」の一年は、人との出会いと交流が感性を刺激し、新しい情報やチャンスを呼びこんでくれる年。
ということで・・・、この一年は素敵だなと思う人には自分から会いにいくようにしたり、興味を感じることには積極的にチャレンジするように心がけています。
引きこもり気味だった昨年とは一転して(笑)。

そのチャレンジの一つが、パリスタイルフラワーのレッスンクラスの変更。
この春に思い切って、これまで続けてきた趣味で楽しむ人向けのクラスから、プロを目指す人が集まるクラスへと変更してみたんです。
当初の目的は単純にパリスタイルフラワーのスキルアップだったのですが、結果的にはそれ以上の思ってもみなかった効果が!

先生のレッスンが刺激になるのはもちろんのこと、それ以外にもクラスでご一緒させていただく他の生徒さんのセンス、そしてポジティブさや行動力にものすごく刺激を受けて、どんどんマインドが変化していってるんです。
人の熱量が空気の中に存在していて、その空気に触れるだけで自分が変わるという初めての感覚を味わっています。
感性を刺激されてどんどん心と頭が柔らかくなると、これまで全く見えなかった自分らしさもクリアになってきたような・・・。
これまでと見える世界が変わって来たかな?
新しい出会いで、新しいステージが見えてきたようなそんな2021年です。

吹く風をどう受け止めるかというあなたの「視点」

無理せず頑張りすぎず、来る流れに抗わず。
自分らしく、流れに上手に乗る!
それが軽やかに心を楽に、「風の時代」を乗り切る秘訣の一つ。
吹く風はそれぞれ違うから、その風をどう受け止めるのかの一つの「視点」として、活用できるのがイヤーナンバーです。

これまで、私が数秘の数字を拝見させていただいた方でも。
例えば、「始まり」を意味する「1」の年には、起業されたり、転職されたり、新しく何かをスタートされる方が不思議なくらい多くて。
目には見えないけれど、確かに存在している“流れ”の存在を感じています。

みなさんも、風の時代に吹く新しい風に軽やかに乗るために。
ぜひ、数秘術のイヤーナンバーで、2021年の「あなたの視点」を発見してみてくださいね!

数秘術の個人セッションでもご紹介しております。

数秘術セッションの詳しいことはこちらから

タグ:
関連記事