2021-06-15

数秘が教えてくれる、未来を変えるためのすぐ役立つ“ヒント”

「未来」だけは誰にも分からない

大人女子のみなさんは、「占い」はお好きでしょうか?
好きな方も多いだろうし、胡散くさいと思われる方も同じく多いと思いますが(笑)。
今、コロナ渦の中で何度目かの「占いブーム」が巻き起こっているんだそうです。
不安的で不安な時代だからでしょうか・・・。

私の個人的な第一次占いブームは20代の頃。
その頃の興味は、「幸せになれるのか?」「未来は明るいのか?」「私は結婚できる?(その時点で相手はいないけど・・・)」といったこと。
「〇〇の母」なんていう看板を掲げる、何人もの有名占い師の方に見ていただいたりもしました。
(どんな話を聞いたのかは、今では全く覚えていませんが・・・(笑))

占いには一条の光のような、“奇跡”を求めていたように思います。
もしくは、平凡な日常にちょっとした刺激をもたらしてくれるもの。
そんな位置づけです。
今思えば、それは楽しいエンタメで・・・。
子供が遠足で遊園地に行く時の興奮と、種類は同じですね(笑)。

「行動」だけが未来を変えられる唯一の方法

しかしながら数秘術は、「当たる、当たらない」という、いわゆる一般的な占いとはちょっと違っていて。
「良い、悪い」ということも無く、「今、運が来ている」とか「これから運がよくなる」とかの、「運勢」についても分かりません。
「どんな未来が待っているか?」については、教えてくれないのです。
未来は誰にもわからない。
それは神様にだって分からないこと(笑)。

その代わりに・・・、数秘術で知ることが出来るのは、自分の未来をより良くしていくために、「今どんな行動をとるべきか」なんです。
未来は最初から決まってはいないし、「行動」で作っていくことができるもの。
「行動」だけが未来を変えられる唯一の方法、ということが数秘術の基本の考え方です。

 

数秘は日常の視点を変えるため、すぐ役立つ“ヒント”

数秘術が教えてくれるのは、「行動」にフォーカスしたアドバイスなので、とても現代的、現実的。
日常の視点を変えるための、すぐ使える“ヒント”にようなものです。

例えば・・・。
「結婚したいな~」と思ったとしても、自宅のソファーに座ってぼ~っとしながら、まだ見ぬ“誰か”が現れるのを待っているだけでは、巡り合うことは出来ませよね。
(あっ!これは20代の頃の私自身のことだけれど(笑))

何か行動をしないと!ということなんですが。
でも、やみくもに行動したとしても、結果に繋がるとは限りませんね。
人それぞれ、向き不向き、得意不得意ということがありますから。
向いている方向、得意な方向で行動した方が、効率が良いのは当然です。

バースナンバーが2番の私の性質だと、不特定多数の大勢と同時に合うのは苦手だからお見合いパーティーや街コンはNG、でも相手と1対1でゆっくり話すのは好きだから紹介だと自分に向いているだろうな・・・という風に。
自分の中の思考や行動のパターンや法則を知ることで、自分で最善の行動を選択できるようになります。

こうして一つ行動してみることで未来は変わり、また次の違う選択肢が目の前に現れる。そして、そこでまた選択することで、更に次の変化へ繋がっていく。
そんな、数秘術の思考方法は、ちょっとコーチングにも似ているんですよ!
大人世代に愛好家が多いのも、そんな特徴ゆえ。
「当たる当たらない」という占いに抵抗がある大人世代の方にも、抵抗なく受け入れていただきやすいと思います。

占いとは人生が“断続的な日常の集積”ではなく、“意味を持った一つの大きな流れ”であることを体感するもの。
そして、その流れにどの角度から光をあてるかでも、意味は変わっていきます。
数秘が教えてくれる、未来を変えていくための新しい視点を、ぜひ取り入れていただけたらと願っています。

タグ:
関連記事